仕上がりに直結、生地の裁断作業

帆布は綿撚糸を経緯交互に編み込まれたのち、染色や防水加工などを経て作られます。反物の製造工程でかかるテンションで生地に捻じれが生じていることがほとんどなんです。そのため、生地の状態を見極めながらカバンの部品毎に裁断する必要があって経験と集中力が必要となります。

img_1632
経糸と緯糸の向きを確認しながらパターン紙を置いてひとつひとつ丁寧に裁断していきます。

img_1633
カバンの部品ごとに裁断する生地の向きにも気を使います。例えば、引っ張り強度が必要なパーツは原反の巻き方向に裁断したり、ステッチをかけるパーツは横方向に裁断します。

こんな裁断作業のこだわりもイヌイットの品質につながっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*